10:00〜19:00
外来診療
042-812-5949
時間 診療
10:00~13:00 内科 -
皮膚科 -
15:00~19:00 内科
皮膚科
ご来院予定の方へ
ご来院予定の方へ

ブログ

コロナ感染拡大を防ぐために、私たちのできることを。

投稿日:2022.11.13 
コロナ感染拡大を防ぐために、私たちのできることを。

先日あった診療内容につきまして、事実にないことを含めて記載されたため、残念ですがこちらに転記させていただきます。

 

新型コロナウイルス感染症は軽症の方から重症の方、また残念ながらお亡くなりになっている方も多数いらっしゃいます。

私自身は幸い罹患することなく、診療を続けることができていますが、外来で診療した時点で中等症以上で、すぐに救急搬送を要する方や、自宅で抗原検査が陽性となり、かかりつけ医もなく自宅療養していた方に往診をしたがすでに亡くなっていた方など、地域の方々へ、当院で出来うること、私自身が個人でできることを、新型コロナウイルス感染症の流行のなか、これまで2年以上診療を続けてまいりました。

今回は、抗原検査で陽性になっており、かかりつけ医がいて、神奈川県陽性者登録をされているにもかかわらず、陽性で自宅療養していることを当院に電話で伝えることなく、受診時に状況が判明したケースです。

 

なぜ、初めの電話の時点で、陽性であること、自宅療養中であることを伝えなかったのでしょう。

新型コロナウイルス感染症患者の療養は基本的には自宅または病状の悪化があれば病院であるはずです。自宅療養中であることを医療機関に到着するまで言わず、それまでの移動で他者への感染の危険性があると思わなかったのでしょうか。(陰圧室や個室のない医療機関ではすぐにクラスターとなり診療停止となる(岡教授のコメントより:クリックでリンク先へ)

1日数万人がお越しになるショッピングモールで、またその中にある一般診療所で、他のお客様や患者様への感染のリスクを考えなかったのでしょうか。

自分達が悪化したから、自分達の治療を受ける権利を優先させたのでしょうか。

 

新型コロナウイルスは非常に感染しやすい疾患です。もともと重症化リスクを有する方もいらっしゃり、どのような状況になるかわかりません。

感染症を疑った場合、また感染症を発症している場合、自分の体調のみならず、他者へ感染させないよう、一人一人の配慮が必要であり、重要です。(療養中、症状がある際は外出しない:療養のしおり(p.2))

 

たった一人の「この風邪くらい、いつもの鼻水ですよ。」と検査をせず、その方が新型コロナウイルス感染症であった場合に、その後家庭内、保育園、会社、介護施設、障害者施設で集団感染を起こしています。

病棟でしっかりとした防具で診療している病院でさえ、病棟の患者様のみならず、現場の医療スタッフが感染しています。

 

そうした報道もある中、感染者が事情を知らない相手にしっかり伝えず、出歩くことで、どのくらいの感染のリスクがあるのか。

さすがに今回は、私自身へのクレームだけならまだしも、土日祝日も私を支えてくれている医療スタッフ、当院を信頼して通院なさっている患者様のためにも、事実を記載させていただき、匿名の誹謗中傷等には屈さず、自分がなすべき医療、地域のための医療を続けていくために記録をさせていただきます。

子供の喧嘩内容のようになってしまい大変申し訳ありませんが、下記のような事例があったことにつきましては、当該担当機関に照会させていただき、相模原市内・指定感染症である2類感染症患者の行動等について情報を共有した上で、今後の協議課題となりましたことを申し添えます。

 

私たちは引き続き、地域の診療所として、出来ることをおこなっていきます。

多くの受診者の方が、一つの病気だけでなく、アレルギーであったり、発熱であったり、皮膚の病気であったり、様々な病状の方が相談できるような、そんな診療所であり続けるよう、感染対策を行い、診療を続けてまいります。

最後に、今回受診された方も含めて、快方に向かうようお祈り申し上げます。

 

 

(下記、口コミより転記)

院長先生から直接ご返信いただける様ですので、投稿いたします。
同居人が3日前にコロナ陽性、症状が悪化したためかかりつけ医と県の相談センターに相談し、他の病院も受診するように勧められてこちらにお電話しました。看病していた私も当日から発熱しており、電話予約時に経過を詳しく伝えたところ「2名とも診察できますのでお越しください」とお答えいただきました。私も体調が悪くもう一度長々とお伝えするのが辛かったため、受付で経過を書いた紙を渡し、コピーしていただきました。
その後、車の中で2名分のPCR検査の検体採取と問診票の記入、終わり次第陽性者含む2名で来院するように指示を受けました。ベンチで待っている間、看護師から紙でお渡しした内容と重複する質問が多かったため、もう一度紙を読んでもらうように伝えました。

20分後、水上医師の診察を受けると「陽性者は来院してはいけないのであなたは来るべきではない」「県の窓口はバイトだったんでしょう」「私は県の代表であり訪問診療もしているので、私や院内の看護師にうつされては困る」「診察はできない」と強く伝えられ、陽性者本人が受診を拒否して帰宅しました。
電話予約・受付での書面手渡し・看護師からの聞き取りの3回、同居人が陽性である旨を伝えたのにもかかわらず、お医者様からその様な高圧的な対応をとられて大変衝撃を受けています。感染者数が増加しているこのご時世、当院のご事情もわかりますが発言は適切でしたか。院内の連絡体制はどうなっていますか。対面での受診が出来ないのであれば、車でのオンライン診療に切り替えたり、診察前にお引き取りくださいと申し出ることはできませんでしたか。市内でたらい回しにされていることには同情されましたが、問題はそこではありません。非常に残念です。改善を求めます。

(原文)

ご意見をありがとうございます。まずは残念ながらご不快に思われた点などがありましたことにお詫び申し上げます。しかしながら、匿名で皆が見ることができる中で事実と異なる記載がありますので、当該担当機関、職員等への聞き取り内容を確認した上で意見させていただきます。

予約時の電話で、「発熱者の診療はできますか?」との内容でしたので、当院では予約制の発熱外来をおこなっているため、当然診療予約をとり、予約時間に診療を行います。しかし、数日前から抗原検査キットで陽性、自宅療養中であることをなぜ伝えていただけなかったのでしょうか。もしかしたら、そういった内容を伝えると受診できないと思われたかもしれません。明らかに陽性者である場合、短時間で診療を行うことは当然です。自宅療養中の症状の悪化があれば、検査や点滴等が必要な場合もありますが、一般診療所では感染対策上、時間的にも空間的にも困難です。他の患者様への感染のリスクを高めてしまうことや、病状悪化の方へ適切な医療が十分に行えない可能性があります。本来であれば市の保健所に相談して、感染対策を十分にできる救急診療所・指定病院での診療が望ましいですし、そうした受診が困難な場合は自宅への往診(私が市内で担当している)等で可能な限りの医療提供を行います。

そうした感染しているとの情報がない中で、診療所までお越しになられて、初めて状況が判明し、またあなた方は対面診療を強く希望されていました。あらかじめ陽性者とわかっているため、短時間での診療をさせていただくことを説明して、ご了解いただき診療を行いました。同居の濃厚接触者の方は、症状を発症していることからPCR検査のみならず、同時に抗原検査を行わせていただきました。陽性者の方は、私の診療中の言葉に残念ながら気分を害され、診療を受けずに診察室を飛び出されてしまいました。記載にあるような「診療はできない。」とは言ってはいないです。実際は診察室へご案内して、かかりつけの診療内容・処方の確認(渡された紙では内容が不十分であった)と今に至る病状悪化の経過を、私から陽性者の方へ聞いている最中に「もういい。」と言われ、飛び出されてしまいました。また濃厚接触者である方には、口腔内の診察、触診など身体所見も含めて診療を行いました。これまでの私の診療でコロナの陽性者でも、コロナ疑いのある発熱、咳などの患者様を診察拒否したことなどは一度もございません。必要な問診、身体所見は取らせていただきますし、何度も重要な内容を確認することはございます。「県の代表で、、、」などの発言は全くありません。当院のホームページや県の検索をすればわかりますが、それほど偉い立場でもありませんし、何よりも言葉の端々の切り取り発言や間違いの記載しないでいただきたいと思います。

ご指摘にある通り、オンライン診療等は考慮すべき内容でしたが、それであれば、なおさらなぜ、陽性者であり療養中であることを初めの電話の時に言われなかったのでしょうか。あなた方が受診されることで、移動中または待機中の他の患者さんやお客様への感染リスクを考えなかったのでしょうか。自分達だけが受けられればよかったのでしょうか。

土日も祝休日も家族と過ごせず、いち医療従事者として勤務しているスタッフもいます。感染から回復して勤務しているスタッフもいます。私自身も陽性者の診療をおこなった日は自宅に戻らないことが多いです。スタッフが陽性、濃厚接触者で勤務できず、休日返上で連勤となっている者もいます。そのような生活、診療をしているスタッフがいる中で、当院を信頼して受診されている患者さんも多数いらっしゃいます。そうした方々への感染への配慮のない言動、行動等は感染診療をおこなっている私からしてみたら看過できるコメントではありません。私の診療内容が高圧的であったと感じたとのことですが、感染者としての他者への配慮がないことや、そのような言動、行動があったからです。私が普段からそのような診療であるかどうか、周りで診療を受けた方に聞いてみていただいて結構です。

いずれにせよ、私自身の配慮が足らず、不快と感じられたことには変わりませんし、私程度の医師の診療は取るに足りませんが何も支援できなかったことは申し訳ございませんでした。かかりつけ医に相談できるようですから、少しでも早く快方に向かわれることをお祈り申し上げます。

院長 水上潤哉

 

なお、本件に関しましては、匿名者のコメントですが、私の事実にない発言等を記載されていること、今後の感染診療に関わる内容として記録させていただき、当該機関等へ相談させていただいております。

 

 

おすすめブログ

最新のお知らせ

カテゴリー

発熱診療を電話にてご予約済みの方
専用フォーム

予約窓口
042-812-5949
受付時間:当日午前9:30〜

お電話で予約済みでしょうか

閉じる

発熱外来 PCR検査ご希望の方

専用臨時回線
080-9263-2596
受付時間9時30分〜17時30分
(平日月曜日は10時〜)

発熱外来の人数に限界があります。
その日の予定人数に達した段階で受付は終了となります。

(時間内に発熱専用回線がつながらない場合すでにその日の受付は終了となっています)

一般回線では発熱外来は受付しておりません。
申し訳ありませんがご了承ください。